2月16日「冒険広場in土浦2018 <子どもは風の子>」を開催しました

2月16日(土)9時半-12時、土浦市青少年の家で、子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2018 <子どもは風の子>」を開催しました。前日の雪のちらつく寒さとはうって変わった好天気に、子どもらの出足も好調。最初に、参加者に、濡らした新聞紙とアルミ箔で包んだお芋を、火中にセットしてもらいます。1年前の反省から早めに火を起こしたので、少し熱かったようです。お芋は、5箱(約100本)用意しました。


次に、迷路鬼ごっこ。迷路は、芝生の上にロープを張ったもので、入り口が3つ。全部つながったループだけでなく、行き止まり「ストップ」も沢山あります。最初にルールの説明。

子どもらが先に迷路内に逃げ込み、後から、帽子をかぶった大人の鬼たちが追いかけます。子どもらは芝生の上を走るのが大好きなようです。制限時間内に鬼にタッチされなかった子らを、ほめてあげます。2回目以降は、子どもらにも鬼の役をやってもらいました。

次に、ジャンケンミッションゲーム。大人とジャンケンし、勝つと、グーで3歩、チョキとパーで6歩、先に進めます。ミッションの印ある所に止まったら、そのミッションをやりに行きます。ジャンケンの弱い子には、勝つまで、何回も対応してあげました。

ミッションとして、ジクソーパズル、凧あげ、コマ回し(ハンドスピナーやボタン)、バルーンアート、ひな人形造りの5種類を用意しました。
ジクソーパズルは、近くの乙戸沼に来ている白鳥たちも題材にしました。凧は、子どもらが色紙を螺旋形に切って作ります。

バルーンアートでは、動物や花を作ってもらいました。

雛人形は、内裏様を作って、板の上に並べて作ります。

お母さんに手伝ってもらって、顔を書いて、出来上がり。

その後、焼き芋を食べながら、腹話術を楽しんでもらいました。


風もなく、暖かな陽気の中で、予定のプログラム終了後も、焚火を眺めながら、のんびりと過ごしてもらいました。

今回のイベントが、私たちの、子どもゆめ基金助成活動として最後のイベントです。まだまだ活動を続けたいのですが、会員の高齢化を考慮して終了させて頂きます。5年間、このような機会を与えて頂いた「子どもゆめ基金」及びその他の関係者に厚く御礼申し上げます。つちうらミニミニ冒険広場 竹ノ内

2月16日(土)に<子どもは風の子>を開催します

2月16日(土)9時半-12時、土浦市青少年の家(乙戸町)で、子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2018 <子どもは風の子>」を開催します。子ども30名(現地集合、途中からの参加も可)。参加費は無料。予約は不要です。雨天時は青少年の家の屋内で実施。プログラムとして、最初は焼き芋のセット。皆で焚火を起こし、各人、濡らした新聞紙とアルミ箔でお芋を包み火中に入れます。次に、原っぱで、迷路鬼ごっこ。迷路には、ループや行き止まりがあります。体が温まったら、次に、ジャンケンミッションゲーム。グー、チョキ、パーで勝った分だけ進み、ミッションのある位置に止まったら、そのミッションをやってから、先に進みます。ミッションとして、ひな人形造り、凧あげ、ハンドスピナーなど、5種類を用意しています。そして、腹話術を楽しんだり、焼き芋を食べたり。雨天時は、焼き芋の代わりに、ゲームを実施する予定です。写真は、昨年2月の冒険広場での、焼き芋のセット様子です。なお、土浦市青少年の家の入口付近は、水道工事のために道路の全面通行止めが予定されてますが、関係者に問合わせたところ、2月16日の道路の通行止めはないとのことです。

2019-01-27

11月17日「冒険広場in土浦2018 <クルミわりにんぎょうのたび>」を開催しました

11月17日(土)9時半-12時、土浦市青少年の家で、子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2018 <クルミわりにんぎょうのたび>」を開催しました。最初に、チャイコフスキーのバレー音楽で有名な、ホフマン原作の「クルミ割り人形」の物語の読み聞かせです。晴天にもかかわらず子どもらの集まりが少ない中、時間になったので始めました。

次は、ビンゴゲーム。「クルミ割り人形」に関係した16個のキャラクターを使って、子どもらに各々オリジナルのビンゴカードを作ってもらいます。この頃には、子どもらも集まってくれて一安心。

次に、指導者の先生が順番に(実は「クルミ割り人形」の物語のストーリーに沿って登場する順に)出すキャラクターカードに沿って、自分のビンゴカードに印をつけます。

ビンゴになった子にはお菓子の賞品。
次に、工作のコーナー。ここでは、「クルミ割り人形」の主な登場人物である、クララ、クルミ割り人形とそれから変身した王子様、ネズミの王子、クリスマスツリー、木の実の兵隊などを制作し、木の舞台の上に「クルミ割り人形」の世界を表現してもらいます。

女の子は、クララや王子様が好きなようです。


ネズミの王子も、意外に人気がありました。

男の子は、クララは使わず、代わりに、木の実をたくさん使う子が多いでした。

暖かい日差しの中で、子どもらに思い思いの作品を作ってもらいました。
今回も、つくば国際大学の皆さんに協力して頂きました。お礼申し上げます。

2018-11-24

8月25日(土)、「冒険広場in 土浦2018 <レンコンの収穫>」を開催しました

8月25日(土)の午前9時半-1 2時、土浦市田村町の吉田農園で「冒険広場in 土浦2018 <レンコンの収穫>」を開催しました。今回の対象者は電話予約してもらった小学生です。まず、吉田農園の庭でグループ編成や、レンコンに関するクイズ、ハスの葉のシャワーの実演等を行いました。

第1、第2のグループが「田村のハス田」や「ドーナツ池」へ順次出発した後、吉田農園では、第3、第4のグループに、雨どいを使った「どじょうのレース」や、「ザリガニ釣り」で遊んでもらいました。昔と違い、どじょうで遊んだことがないせいか、個人プレーに終始し、「どじょうのレース」は成立しませんでした。

新しく作ってもらった「ドーナツ池」にはカエルやオケラ、その周りにはトンボやバッタ等がいます。

ここでも、ザリガニ釣りが人気ですが、あまり釣れないようです。

今日はとても暑いせいか、子どもたちが喜んで「はす田」の中に入りました。

掘り取ったレンコンは、舟に入れて運びます。

最後の第4グループが、ハス田に入りました。みんな、泥まみれです。

吉田農園まで舟で運んだレンコンは、子どもたちも手伝って水洗いされ、大きさ別に仕分けされます。

このように、子どもたちは、レンコンの掘り取りから水洗いまでを体験しました。

今日は、熱中症になる人が出ないか心配続きの猛暑でした。着替えた後、西瓜で水分補給。

収穫したレンコンは、子どもたちに公平に分配されました。

とにかく暑かったのですが、子どもたちは、ずっと水に触れていたせいか、最後まで皆元気でした。

多くの子どもたちが参加したにもかかわらず、今回も、つくば国際大学の学生さんやそのほかのボランテイァの皆さんに協力して頂き、無事に終えることができました。

2018-08-29

冒険広場in土浦2018 <夏休み・英語で遊ぼう>を7月25日に開催しました

子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2018 <夏休み・英語で遊ぼう>」を、7月25日9時半-12時に土浦市青少年の家で開催しました。連日記録的な猛暑が続いていたのに、当日は曇天でしのぎやすく、屋外活動に適した天候でした。最初は、英会話教室です。英語の先生の指導で”Action Song”.

さらに、”Greetings”の会話などを加えて、輪になって踊ります。

給水タイムの後、次に「英語で遊ぼうPart 1」。最初のゲームは、3チーム対抗の”Animal Ballon POP”.お尻で風船を割ります。ルールの説明や風船を割るときの掛け声は英語。

風船がなかなか割りなかったり風船が割れた時の、子どもたちのリアクションが面白いでした。

次は、”Color water baloon Fight”. 木に貼られた絵カードに、水風船を投げるゲームです。

風船がうまく絵に当たって割れると、体が水浸しに。

次は、”Ring that wind chimes”. 水鉄砲で、指定された風鈴を鳴らすゲームです。

給水タイムの後、次に「英語で遊ぼうPart2」。まず、”BINGO game”です。最初は、ルーの説明。ビンゴ用紙の15個のマス目の好きな位置に、子どもたちが先生の指示した絵を描きます。

絵を描き終えたら、先生が順次出す絵カードで、自分の用紙のマス目をチェックし、4つ並んだらビンゴ!!。

次に腹話術。英語の先生たちのサポートで、英語混じりの腹話術が進行。

給水タイムの後、次に”Fun Corner”. まず、Food card pulling game”.木から吊り下げられた景品を子どもらがゲット。最初は高いので手が届かない。

何回も高さを変え、最後は全員が2種類の景品をゲット。

最後は、「皆で西瓜を食べよう」。

今回は、指導者のMs. Joy Flores 先生のほか、Ms. Rose Kato, Ms. Maria Sato, Ms. Gigie Terada のご協力を頂き、参加して頂いた多数の親子に、英語で楽しく遊んでもらえたかと思います。また、熱中症の人もなく、無事に終えることができました。

2018-07-29

冒険広場in土浦2018 <バラの花まつり>を6月2日に開催しました

子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2018 <バラの花まつり>」を6月2日(土)9時半-12時に土浦市青少年の家で開催しました。まず、子どもらは、バラぼっくりで「バラの花飾り」と「バラの工作」のどちらを作るかを決め、それに基づいた「素材のセット」を受け取ります。

次に、子どもらは、自分の「素材のセット」の中の数個のバラぼっくりに、赤や黄色の色を塗りました。

この色塗りしたバラぼっくりは、しばらく乾かす必要があるので、その間に「ミッションゲーム」。フラッパーを使った「ボール運び」は、ボールが落ちやすく、手でボールをつかんで走る子もいました。

「宝探し」は、草原や木の陰に隠してある3種類の宝を探してくるものです。この宝は、手縫いの「バナナ」や「ドーナツ」等で、持ち帰ることもできます。

また、プログラムのタイトルにちなんで、芝公園や日比谷公園のバラの花を素材にした「バラのジグソーパズル」を用意しました。意外に楽しんでもらえました。

「カーリング」は、キャスター付きのフリスビーを滑らせる前提で作りました。しかし、実際にはフリスビーを投げてやっていました。そのほうが面白いそうです。

次は、「お話会(読み聞かせ)」。子どもらに、いろんなお話を楽しんでもらいました。

この後、乾いたバラぼっくりを使って「花飾り」等の仕上げ。「バラの工作」では、グルーガンを使って、木のカット片等を固定し、その上にバラぼっくり等を固定します。

出来上がった作品を、見せてもらいました。家の周りに線路のシールが貼ってあります。

こちらの作品では、家の前にお菓子のシール、屋根の上に木の実が飾られています。

今回も、つくば国際大学の皆さんに協力して頂きました。また、土浦市を主体とする生活情報誌、月刊『ろたす』に取材して頂きました。お礼申し上げます。

2018-06-06

冒険広場in土浦2017 <春よ来い・ひな祭り>を2月17日に開催しました

子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2017 <春よ来い・ひな祭り>」を、2月17日(土)9時半-12時に土浦市青少年の家で開催しました。寒いので子供らが来てくれるか気にしながらのスタート。

最初は焼き芋の準備。子供らに、落ち葉や薪を運んでもらいました。

焚火を開始。予報より風が弱く焼き芋には支障のない天候で一安心。

お芋を濡れた新聞紙とアルミホイルで包み、焚火の中にセット。お芋は約100個。

次に、体を温めるために、ボールを転がしながら迷路を走り回るゲーム。

時々、焼き芋の煙が流れる中でのゲーム。迷路の途中には、ゲートや立体交差が幾つも。

次に、お内裏様創り。内裏様の役の人に、順番に、色々な飾り付けをしてお内裏様を完成させます。

出来上がったお内裏様を囲んで、写真撮影。

キーボードの演奏に合わせて、皆で「うれしいひなまつり」の歌を合唱。希望者には「お雛様」の飾り付けをしてあげました。

美味しい焼き芋が出来上がったので、土手に座ってのんびりと焼き芋パーティ。

この後、昼過ぎから荒れた天候になりました。穏やかな天候でひな祭りや焼き芋を楽しんで頂けたのは、幸いでした。
今回は、つくば国際大学 福祉活動サークルの皆さんに手伝って頂きました。お礼申し上げます。以上

2018-02-18

冒険広場in 土浦2017 <秋の森・木の実で遊ぼう>を11月23日に開催しました

子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2017 <秋の森・木の実で遊ぼう>」を、11月23日9時半-12時、土浦市青少年の家で開催しました。雨天のため、屋内での開催となりました。今回のテーマは「世界一周の旅 木の実・楽器の制作」。子供らは最初に国旗を作って、パスポートをゲットします。そして、サイコロで決まった国から順に6つの国を巡りながら、工作やゲームを行います。

最初の国はアメリカ(ハワイ)。ここではレイ作り。

次に、南米のブラジル。ここでは、マラカスを作ります。

次に、パプア・ニューギニア。ここでは、木の実や松ぼっくり、蔓などを使った工作。

子どもたちは、木の台座の大きいのと小さいのをうまく組み合わせていました。

次は、ケニア。ここでは、冠作り。紙や葉っぱで作ります。

次は、ドイツ。ここでは、太鼓を作ります。

ドイツでは、パンフルートも制作。

最後は、中国で、松ぼっくりを使ったゲーム。屋外で走ることを前提にしていたものを屋内用にアレンジ。

出来上がったパンフルートの演奏の練習をしました。キーボードに合わせて、太鼓を使った演奏会も。

また、紙芝居もやりました。それでも、工作に夢中な子供たち。

雨天にもかかわらず、多くの親子に参加して頂きました。子どもたちの発想力の豊かさを感じました。

 

2017-11-26

「冒険広場in 土浦2017 <レンコンの収穫>」を9月2日に開催しました

9月2日(土)午後1:00-3:30、子どもゆめ基金助成活動として、土浦市田村町の吉田農園及び「田村のハス田」で、「冒険広場in 土浦2017 <レンコンの収穫>」を開催しました。対象者は小学1-4年生で、夏休み明け直後の開催であることを考慮し、6月末に電話での予約受付を実施済です。開催当日の朝は台風の影響で冷たい雨。吉田農園側の「水温が低い」とのご配慮で、午前の開催予定を急遽午後に変更し、早朝から予約者に電話連絡。幸い、午後からは晴天。吉田農園の庭で開園の後、「レンコンに関する2択クイズ」からスタート。レンコン栽培等に関係したクイズを通して、レンコンへの理解や興味を深めてもらいました。

子どもたちの人数が多いので、4つのグループに分かれ、「レンコンの収穫と搬送」・「収穫の見学」・「レンコンの水洗いの手伝い」・「亀のレース」・「ザリガニ釣り」を交互に体験してもらいます。

最初のグループが「田村のハス田」に入りレンコンの収穫を行っている間、次のグループは「見学」です。

最初のグルーブがハス田から上がり、レンコンの入った舟を引いて吉田農園へ向かうと、次のグループがハス田に入ります。「ハス田」は皆初めての体験のようで、慎重に中に入ります。

それでも、慣れてくると、ハス田の中を泥んこになって自在に動き回っていました。

「亀のレース」は、蓮田の近くにいて吉田農園の人たちに助けられた亀たちが、雨どいの中で競争。餌を見せて前進させます。

「ザリガニ釣り」は、吉田農園のすぐ前の休耕田にいるザリガニを、スルメで釣ります。このザリガニ釣りは予想外に好評でした。

体を洗い、着替えて「スイカ」で水分補給。収穫したレンコンの水洗いが終わるのを待ちます。

水洗いされたレンコンを、4つに均等に選別して舟に入れ、グループ毎の分配の準備ができました。
まず、最初のグループ。子供たちは大きな袋を持って、舟の周りにスタンバイ。合図で、1個ずつ選んで、自分の袋に詰めます。

今年は、昨年よりも収穫量が多かったようで、各自、大小、5本位のレンコンをゲットしていました。

今回も、つくば国際大学の福祉活動サークルの皆さんにボランティアとして参加して頂き、無事に活動を終えることができました。感謝いたします。

 

 

 

2017-09-03

冒険広場in土浦2017<夏休み・森で遊ぼう>を7月22日に開催しました

7月22日(土)午前、土浦市青少年の家で、子どもゆめ基金助成活動「冒険広場in土浦2017 <夏休み・森で遊ぼう>」を開催しました。夏休みの初日、晴れて蒸し暑い中、多くの親子に参加して頂きました。前半は、「イントロゲーム」として5種類のゲームを実施。1つ目は磁石を使った「魚釣り」。箱から2枚のカードを選び、カードに書いてある数字1~46と名前に合う、2組の魚や貝を釣ってもらいます。見本の写真を参考にして、うまく釣れたらシールをゲット。

次は、「これはな~に!」。カード広場から42枚の裏返しの英単語付きの絵カードを1枚拾ってきて、スーザンさんの英語の質問に答えてもらいます。分からない子には、小さな声の日本語の翻訳がついた質問になります。

次は、「木の実を探せ」。箱から2枚のカードを選び、書いてある数字1~24に合う2組の木の実を、実物の見本を参考にして、近くの芝生の中から探してきてもらいます。24種類の中でも、カエデやクスノキの実など、小さな実や緑色の実はなかなか見つけづらいようでした。

次は、「いかだのレース」。2枚の新聞紙を交互に地面においてその上に乗りながら前進し、ポールを回って戻ってきます。

最後は、「アヒルの競争」。雨どいの水路にアヒルを浮かべ、水鉄砲で前進させて、1.8m先のゴールを目指します。その前に、練習用の水路もあります。2人で競争するように準備しましたが、水鉄砲にうまく水を入れられず、なかなか正式レースには至りません。それでも、暑い中、水遊びをは楽しいようです。

後半は、「英語で遊ぼう」。最初は「私のお弁当」のゲーム。子供らは、「スーザンコーナー」でお弁当箱のケースと1ドル札をもらい、隣の「ストア」に行って、15品目のおかずやデザート(英単語表記)の中から、自分の好きな5品目を買い、お弁当箱に盛り付けて、オリジナルなお弁当を作ります。

そして、「スーザンコーナー」に戻り、スーザンさんに自分のお弁当を見せ、スーザン先生の英語の質問に答えてもらいます。ここでも、わからない子には小さな声の日本語の翻訳がつきます。

次は、「ロンドン橋落ちた」のゲーム。音楽に合わせて踊り、捕まって鬼となった子供は、スーザンさんの英語の質問攻めにあいます。

次に、「椅子取りゲーム」。音楽に合わせて踊り、曲の止まったところで、椅子に座れなかった人が、鬼となり、スーザンさんの質問攻めにあいます。最後の一人まで、続きます。アヒルの競争の水路で遊んでいる子供らもいました。

最後は、「スイカを食べるコーナー」。かなり蒸し暑く、熱中症を心配しましたが、参加者やスタッフ全員、元気に今日の活動を終えることができました。

 

2017-07-23